デジタル放送の映りが悪いならアンテナの修理

アナログ放送のとき、きれいに映るチャンネルもあればかなり粗い画像で映るチャンネルもありました。通常のチャンネルは比較的きれいなのですが、UHFなどは粗いこともありました。粗いのですがなんとか映りました。野球放送などでは点数がわかればいいので映像は気にせずに音声と点数だけで見ていることもありました。デジタル放送になると映るか映らないかになります。映らないときは全く映りません音声なども聞くことができません。デジタル放送の映りが悪いときにはアンテナの修理をしてもらいます。特定のチャンネルの映りが悪い場合があります。場合によっては一つではだめで2本設置しないといけないことがあります。それは受信しやすい電波塔が放送局によって違うからです。複数設置すれば、どちらからかで受けることができ、常にきれいに見ることができます。


アンテナを取り付けてもらって調子が悪ければ修理

地デジ放送に対応しようとテレビを購入した人がいるでしょう。このときテレビだけ購入した人は映らなくて困った人もいると思います。アンテナの調整などが必要になるからです。大抵はそのままでは難しいようです。方向などを変えなければいけません。販売店ではそれを知っていますから購入時にきちんと対応してくれるところが多いようです。きちんと映るのを確認して帰ってもらいました。しばらくは問題なかったのですが、そのうち映りが悪くなってきました。そんなときは修理をしてもらうようにします。このときは専門の業者にみてもらうようにしましょう。家電量販店はあくまでもサービスで取り付けてくれるので電波の細かい調査まではしないところがあります。とりあえず映る状態にしてくれるのです。専門の業者は電波の状況などを細かく調べて調整をしてくれます。


落雷があったらアンテナの修理をしてもらう

異常気象としてゲリラ豪雨などが言われるようになりました。これだけ頻繁に起こるようになると異常ではなく日常と言ってもいいかもしれません。気象の情報を扱っているところではゲリラ豪雨の発生場所などがわかると言われています。ゲリラ豪雨のときに一緒に起こるものとして雷があります。雲の中で静電気が大量にたまって起きるものです。こちらも件数が増えているようです。通常は避雷針に落ちますが一般の家庭に落ちることもあります。落雷があったときはアンテナの修理をしてもらわないといけません。ほとんどのばあい本体の調子が悪くなるようなことはないようです。しかし落雷では故障してしまうそうです。配線などがやられてしまうのでしょう。通電してしまったところは取り替えないといけないこともあります。落雷の後に映らなくなったときは依頼しましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)